さまざまな分野で用いられている!レーザーカットの原理や特徴を紹介

さまざまな分野で用いられている!レーザーカットの原理や特徴を紹介

ものをカットしたい場合、さまざまな方法で行うことができますが、より手軽にカットできる方法としてレーザーカットという方法がありますがご存じでしょうか?

医療の分野などでも用いられることが多く、その多様性には驚かされることばかりです。

では、レーザーカットとは主にどのような原理で行われて、その特徴にはどのような点があるのでしょうか?

ここでは、レーザーカットについて詳しく解説していきたいと思います。

レーザーカットの原理

レーザーカットの原理

レーザーカットは、その名の通りレーザーを用いて切断を行う方法です。

具体的には、集光したレーザーをカットするものに対して直接照射します。

照射した部分は、溶触されるのですが溶触した部分はレーザーと同軸で流れているアシストガスによって吹き飛ばして、切断が完了します。

普通の光とは違う位相が揃って収束性が良いレーザーを使用するので、極めて高密度なエネルギーを1点に集中することできれいにカットする方法が取られています。

切断面を見ると、実際には真っ直ぐではなく波打ったような形状となるのも、レーザーカットの特徴の一つです。

レーザーカットできないものを確認しましょう。

レーザーカットの特徴

レーザーカットは、その特徴を活かしてさまざまな分野で活用されています。

主な特徴としては、次のような点があります。

レザーカットのメリットとは

対象物に対してのストレスを最小限に抑えることが可能

カッターなどによるカットと違い、レーザーカットは非接触でものをカットすることが可能です。

接触するとどうしてもものに対して余計な負荷がかかってしまい、変形やクラックが発生するものですが、レーザーの場合はそのダメージが起こる心配がありません。

よって、特に慎重に行わなければならない医療現場でも、レーザーカットが用いられているのです。

余計な異物が発生しにくい

刃物でカットする場合、削り屑がどうしても発生してしまいます。

よって、異物を除去しながらカットを行う必要があるのです。

その点で、レーザーカットの場合はピンポイントでレーザーを照射するので、そもそも異物が発生しにくい機構となっていますし、カットと同時にアシストガスによって異物を除去してくれるのが魅力的です。

高速で微細なカットが可能

レーザーの場合、高速で微細な加工が可能であり、ピンポイントな加工に向いています。

レーザー加工できる種類について詳しく調べました⇓

レーザー加工種類
最適な方法を選択することが重要!レーザー加工の種類を紹介レーザー加工はとても便利なものですが、実は種類があって種類別にそれぞれ特徴があります。 加工時には、種類に応じて適切なものを選択するこ...

おすすめのお店

東京都

レーザーでのカット加工をご依頼いただくと、データ通りのお切りしたいところをそのままカットをできるため、希望通りのデザインで綺麗に切り取ることが可能です。

株式会社ロッカなら、小ロットの作成にも対応してくれるので相談してみてはいかがでしょう。

【アクセス】

▪会社名 株式会社ロッカ

▪住所 東京都荒川区東尾久1-15-3

▪電話番号 03-6458-2770

▪HP http://rokka-p-lp.com/

▪営業時間 8:00~17:00

▪定休日 土曜日・日曜日

▪最寄駅 赤土小学校前駅

まとめ

レーザーカットは、加工分野でも大きなメリットをもたらしてくれる有能なものです。

有効活用して、作業を効率化することができると良いですね。